手付金は絶対返してもらうことはできない?

こんにちは。今回もお金の話です。
皆さんは「手付」という言葉をご存じですか。一般的な場面ではあまり使う言葉ではありませんが、不動産の取引なんか経験のある方ならご存知かもわかりません。実はこの「手付」って言うのは民法の用語なんです。主に売買なんかで使う手法なんです。でも賃貸の契約をする際でも「手付を打つ」って使いますよね。この場合の手付の意味合いは予約金みたいな感じではないでしょうか。今回は売買を前提にした「手付」についてお話します。

手付金は絶対に返してもらうことはできないの?

図のように売主と買主で売買契約が結ばれた際に、買主の購入の信頼性を高めるために買主から売主に手付を渡す場合なんかがあります。この行為を「手付の交付」と言います。売主も手付を受け取る(これを「受領」といいます)ことによって契約の信用性が高くなりますよね。一旦、売主に渡した手付、これは概ね後日に支払う売買代金の一部となり、戻ってくることはありません。が、、戻ってくるケースとしてはこんなことが考えられます。もし売主が売買契約の約束通りに引き渡しの期日になっても不動産を引き渡してくれないようなことなど売主に約束違反があると場合によっては手付を戻してもらうことも可能です。こんなことを売主の「債務不履行」といいます。ちなみにこの手付の額の大きさはいくらって決まってはいませんが、売主が不動産業者で自ら販売する場合の手付金は売買代金の20%以内と決められていますので。知っておいてください。